ブレグジット再燃!

欧州時間に入るとドル円は106.8円と再び107円が見えてきましたが、壁は思っているよりも厚かったようで、106.2円にまで落ち込んでしまいました。今日はこれといった材料も無いので、107円台はしばらくおあずけかもしれません。


しかしユーロ円は116.4円から115.5円と、ドル円以上の落ち込みを記録。一体何があったのかと言うと、ブレグジットの経済不安が再び再燃したようです。となると気になるのがポンド円の動きですが、当のポンド円は134.5円あたりを行ったり来たりの状態。….妙に冷静です。


さてNY時間です。NY時間でも特にこれといった材料が無いものの、気になるのは新大統領の動き。あのオジサンが変なことをしなければ、静かな市場になるかと思います。