ドル円112円台へ。。。

今日の東京時間は、ちょっと物足りなさを感じる展開となりました。一昨日はドル高が進みまくり、そして昨日は一転してドル売りが先行。ドル円は113円前半につけ、112円台を意識する形となりました。

しかし112円への突入は何とか踏みとどまり、113円半ばまで値を戻します。要はレンジ相場というもので、可もなく不可も無くといった所でしょう。週明けはNY市場が休みとなっているので、様子見ムードとなっていました。

ここ最近は何かと忙しなく、波乱に満ちた展開となっていたので、一息ついている所でしょう。新しい大統領が色々とやっちゃってくれており、休んでいる暇も無かったので、丁度良いです。欧州時間も調整になりそうな予感ですが、何が起こるか分からないので気を引き締めて行きましょう!

そしてロンドン時間に入るとこれまで静かだった円が、若干動きました。ただ動いたと言っても調整が入ったぐらいで、そこまで劇的なものではありません。

ただ欧州株やダウ先物の調子が良くなく、トランプ政権の不透明さに嫌気がさしたのか、ドル円は112円台へと突入してしまいました。 クロス円も同じくです。中でもポンド円はつらく、1月イギリスの小売売上高の結果が思わしくないのも痛手です。

ちょっと週末は我慢して、勝負をかけるとすれば週明け以降にした方が良いかもしれません。 ただ週明けはNYが休みになるのもあり、大きな動きはあまり期待出来ないかと思います。アメリカやヨーロッパの政治不安は、市場も気が気ではありません。果たしてどうなっちゃうのか…。