「未分類」カテゴリーアーカイブ

不協和音

17日のNY時間。20日にトランプ次期大統領の就任式が控えている為か、ドル円は112円半ば辺りを行ったり来たりの展開。株価の動きもあまり冴えません。

でもこれらの動きは、ある程度は予測出来た筈です。問題は就任後。果たして一体どうなることやら…。 トランプ次期大統領がこだわっているのが、アメリカ国内だけの雇用対策。しかし共和党と上手く行っていないことが報道されるや否や、長期金利が低下してドル安方向へと動きました。

さて日にちが変わり東京時間です。18日の東京時間内においては、特にこれといった材料は見当たりません。しかしアメリカやイギリスの動きにはピリピリしているので、引き続き「我慢」を強いられることになるでしょう。兎に角今は何とか踏ん張るしかありません。

米雇用統計発表!

12月雇用統計が発表されました!非農業部門雇用者数変化は予想17.5万人に対して15.6万人と、予想を大きく下回る結果に…。でも失業率は予想通りの4.7%・平均時給が7年ぶりの高水準を記録する等、決して悪い米雇用統計だったという訳ではありません。

また連銀総裁達の積極的な利上げ姿勢もあり、ドル円は一時117円台につける場面もありました。ただフロリダ州で無差別の銃撃事件が発生し、116円台へ逆戻り。このまま上昇するかと思いきや、色々と難しいものです。

ちなみにダウ平均株価は、1万9,963.80$と2万$の壁はまだまだ先の話でしょうか?なんだかもどかしい思いをするのは、私だけではない筈。果たして来週にはどういう展開が待ち受けているのか、ある意味楽しみでもあるし怖さもありますね。

新年早々、ドル安円高。。

本日の日経平均株価は1万9,520.69円・-73.47円と下がり気味。午前中はそこまで大きく値が下がることはありませんでしたが、午後になると大きく下落。ということはドル円も午前はそこまで大きく動かず、午後になると値を下げたかと思いきや…逆の現象が起きました。


どういうことかというと、ドル円は朝方117.3円から116.6円まで値を下げてしまいました。一体何があったかというと、持ち高調整売り。お蔭で下げっぷりが加速して、円高ドル安となっちゃいました。


一応中国のサービス業PMIの結果は3ヶ月連続上昇と、そこそこの結果を弾き出しているのですが…。中々厳しい2017年の船出となりましたね。調整売りがどこまで続くかは分かりませんが、今はとにかく我慢の時かもしれません。

新年早々、ドル安円高に動いてますが、こちらトランプ氏も新年早々、大統領就任はまだにもかかわらず、早速出て来てしまいましたトランプリスク。アメリカの自動車大手フォードは、メキシコ新工場新設を断念。結果的には、トランプ次期大統領の“威圧”に屈した形となりました。


そして“威圧”は日本の自動車メーカーにも及びます。トヨタはメキシコに工場を新設することに対して、トランプ次期大統領は「あり得ない!!」と強く批判。お蔭で、トヨタだけでなく他の日本自動車メーカーの株価は下落。ドル円も一時期115.0円にまで落ち込んでしまいました。


しかしトランプ次期大統領の批判は、的外れも良い所。現にトヨタはアメリカで雇用を生み出しており、十分に貢献しています。就任前からこんな感じじゃ、就任後には一体どうなることやら…。

ざまあ見ろ!

今の若い方は「最近の若い奴は」と言われると、かなり頭に来るようです。自分の頃も「最近の若い奴は」と年寄連中に苛められたものです。「こんな簡単なことも出来ないのか」と、わざと聞こえるようにして陰口を叩かれたことありますよ。上司に。


「そりゃあアンタは簡単に出来るかもしれないけど、私にとってはかなり難しいことなんだよ!」と、大声を上げたかったですけどね。まあ当時は上げられる筈も無くぐっと耐えて…。でも何とか出来るようにはなったものの、それでも怒りが収まった訳ではありませんが。


しかし神様はいるもので、かつて勤めていたその会社。上司がわざと聞こえるようにして陰口を叩いていた所は細々と営業はしているみたいですが、私が勤めていた所に関しては消えてなくなってました。
ざまあ見ろ!

2016年驚いたことは?

2016年が怒涛過ぎて、何から語れば良いのか全く見当が付きません。「どの出来事が1番驚きましたか?」て質問されると、「しばらく考えさせてほしい」としか言いようが無いほど。でもイギリスのEU離脱は、候補としてあげるには申し分ありません。


当初・国民投票の結果としては、「残留派が有利」となっていました。しかし蓋を開けてみると「離脱派」が勝利を獲得!荒れましたね~市場。色んな意味で忙しかったです。「ブレグジット」なる言葉も誕生し、ある意味”台風の目”みたいになってた感がありました。


今は何とか落ち着きを取り戻しているものの、リスクが完全に消えた訳ではありません。またいつどこでどんな形で影響が出てしまうのか、2017年にも注意はしておきたい。

久し振りに重い物が…

久し振りに重い物にズドーン!とやられてしまいました。

クリスマスの日をまるで狙ったが如く襲ってきた奴ら…風邪。

これはマジでヤバイと思い、熱をはかると38℃。

ちなみにクリスマス。

土日祝日ガッツリ絡んでます。

病院にも行けません!

だから街でカップル様がイチャイチャとしていた頃、私は布団の中で咳と熱と体のだるさと戦っておりました。

超しんどい。

こうなったら「明●屋サンタ」に電話してやろうかとも思っていたけども、電話をかける気力も無し。

今は何とか落ち着いているものの、今も微熱状態が続いています。

まさか2016年の幕引きを風邪で迎えるとは思いもよらず。

皆様風邪には本当に、注意して下さいね。

今シーズンの風邪はシャレならないぐらいキツイ。

さて年末です。

年末の大事な時期に体を壊してしまい家から一歩も出れず、

正月どうしようと悩んでいる私の話はさて置いて。

26日の日経平均株価は1万9,396.64円・前営業日比-31.03円となりました。

ズバリ利益確定売りで、特にこれといった変化も無く何もなく。

そんでもって海外市場も休みに入るから、年明けまでは何も動かずな状態が続きそうですね。

まあ、年明け以降の市場がめちゃくちゃ怖いですけどね。

ちなみにドル円は117.1円の間を行ったり来たりです。

さて欧州時間です。

まあ…動かないでしょう。

何かとんでもない事件が起これば話は別ですが、何も無ければ東京時間と同じような動き。

私も体調が良くないので、早く休みが欲しいです。

大波乱過ぎた2016年の幕開け

2016年も残りあとわずか!

1年過ぎるのは、年々早くなってきているのは気のせいでしょうか?

そこで今年を振り返ってみたいと思います。

まず2016年の幕開けは、色々大変でした…。シャレならなかったです。

2015年末からの原油価格下落。「まさか」としか言葉が出ません。

更に中国経済の大暴落も衝撃的でした。

年明けは原油と中国に振り回されっぱなしだったように感じます。

今は中国経済も落ち着きを取り戻し、原油価格もOPECの減産合意も相まって何とか持ち直してはいます。

だけどこれら2つの要素に市場はかなり敏感に反応するようになったのは、紛れも無い事実。

2017年にはどうなるかは分かりませんが、引き続き注意だけはした方が良いかと思われます。

ところで、週明けのドル円ですが、ちょっと苦しい展開になったようで117.4円にまで下がってしまいました。

11月の日本の貿易収支の結果はそんなに悪くは無い物の、株価反落や米長期金利の低下が引っかかっている様子です。

また今日からは日銀金融政策決定会合が始まったこともあり、様子見ムードも強く出ているようです。

今回はそんなに大きく動くことは無いと思うのですが、万が一のこともありますからね。

でもドル円は午後に入ると更に値を下げ、117.1円を付ける場面も見受けられました。

さて欧州時間です。クリスマス休暇突入しちゃってるから、そんなに大きな動きは期待出来ないかな?クリスマスか…

今年のクリスマスも、寂しく過ごすことになりそうです。泣きたい。

永遠に

本来はここに書くべきでは無いことかもしれない。

しかし1人の人間として、絶対に避けてはならないことかと思いここにしたためる。

サッカーを追いかけて幾星霜。

FXで失敗して悩んだ時も、サッカーを見れば全部吹っ飛び忘れたもの。

だからこそ次につなげられた。

だからこそコロンビアで起きてしまった飛行機事故は、心につきささります。

とても悲しい。

犠牲者を出してしまったサッカーチームは、ブラジルの小さな町にあり、決して強いとは言えない所でした。

しかし努力に努力を重ねて、ついにはタイトルを狙えるチームに成長!

これからという時に、悲劇に見舞われてしまい言葉になりません。

今回の飛行機事故で犠牲になられた方には、日本で活躍したサッカー選手もいます。

あらためて彼らのご冥福をお祈りいたします。

アメリカもお休み

28の日経平均株価はお休みムード。アメリカもお休みムードでした。

28日のダウ平均株価は1万9,097.90$と、前営業日比-54.24$。

ドル円は111円行くかなと思っていたのですが、なんとか112円台をキープしている状態。

利益確定によるものなので、そこまで悲観的に見る必要は無かったようです。

大きく下がらなかった要因となっているのが、OPEC総会の行方。関係者の話によると減産合意の目処がついたそうで、

取りあえずは一安心。お蔭で原油価格は47$台を回復しました。 さて日にちが変わり東京時間です。

気になるのが、日本の雇用統計の発表。余程の結果が出ない限りはそんな大きく市場が動くこともなさそうですが、何があるのか分からないのでしっかりとチェックしておきたい。

今日は感謝祭!

祝日感謝祭でマーケットはお休み。お蔭でドル円の動きも乏しく、113.3円辺りを行ったり来たりするだけ。

欧州株の動きについても特に変化はなく、ドイツ指標が好調だったこともあり安定してます。

でも感謝祭を過ぎると、いよいよ年末商戦が本格的にスタート!今年の見通しはポジティブになっているので、市場も活気づくかもしれませんね。

トランプ次期大統領誕生による減税への期待感も、年末商戦を盛り上げる一因になりそうです。

さて日にちが変わり25日の東京時間です。ポイントは、ドル円がどこまで伸びていくのかでしょう。

このまま強気で攻めても良いかとも思いますが、週末なので用心はした方が良いかも。

今正に円高まっしぐらな為に、逆に難しく感じます。