全ては大統領に委ねられる

遂にトランプ新政権が発足しました。そして選挙で訴えてきた保護主義的な政策を実施しようと、早速取り掛かっている様子です。しかしトランプ新大統領を誰しもが歓迎している訳では無く、反対している人もいます。就任式には大規模なデモが行われ、騒然となりました。

またアメリカ第一主義の姿勢に対して、日本の企業も戦々恐々としています。気がかりになっているのが、TPPとNAFTAの再交渉でしょう。政府はTPPを経済成長戦略の糧にしようとしていただけに、アメリカのTPP脱退はかなりの痛手です。安倍首相は腰を据えて説得するとは言っているものの、ちょっと厳しいかなと思うのが率直な感想。

良い方向へ転がってくれたら良いのですが、今はただ不安しかありません。

為替の方はと言うと、113円前半辺りを推移していた東京時間ですが、ロンドン時間に入ると円買いが一段落ついたのか、ドル円は113円後半にまで回復しました。

しかしこれといった材料は無く、動きは限定的。一時期113.7円にまで上昇したものの、113.3円にまで下がってしまいました。ただドル円はこれでもまだ、動きがあるだけ良い方かもしれません。

ユーロ円は121.7円から121.9円にまで上昇し、動きの流れ的にはドル円とほぼ同じ。でもその後は平行線となり、変化の無い展開となりました。 さてNY時間です。

やはりトランプ新大統領の演説が週明けのアメリカ市場に対し、どんな影響が出て来るかでしょう。大統領の政策を良しと判断して市場が活発化するのか、逆に突き放して底の方へと落ちてしまうのか。

就任前のピリピリムード

日にちが変わって東京時間。ゴトー日ということもあってか円売りが進み、ドル円は115.1円まで上昇しました。

しかしFRBイエレン議長の「急いで金融の引き締めをするようなリスクは考えていない」というハト派よりの発言により、調整売り。114.5円にまで値を下げました。

しかし東京時間は何とも静かな動き。でも穏やかさは全く無く、ものすごいピリピリムードです。日本の要人発言もあったものの、特に大きな変化は無し。

間近に迫った、トランプ次期大統領の就任を見守ってからという方が多い様子です。一体どんな発言が飛び出るのか、全く想像がつきません。

欧州時間でも、引き続きピリピリとした展開が続くでしょう。兎に角今は我慢の時。下手に動くと、痛い目に遭うかもしれませんよ。

そして向かえた欧州時間になっても重さは変わらず。

やはりアメリカ大統領の就任式までは、あまり動きは無いようです。 その中でもドル円は114.6円から115円まで上昇。アメリカ長期金利が上昇したことにより、少しは動いたようです。

しかし直ぐに戻されてしまい、方向感が中々掴めない展開。ビッグイベント前だから仕方ない部分もあるとは思いますが、なんともじれったい感じです。

さてNY時間です。メインは何と言ってもトランプ大統領の就任式でしょう。ついにこの時が来ました。果たしてどんな内容の発言が飛び出て来るのか、どんな政策を打ち出してくるのか。

全く見えてこない中不安でしかありませんが、何とか乗り切るしかありません。来週の市場にも影響があるので、じっくりと見据えたいものです。

不協和音

17日のNY時間。20日にトランプ次期大統領の就任式が控えている為か、ドル円は112円半ば辺りを行ったり来たりの展開。株価の動きもあまり冴えません。

でもこれらの動きは、ある程度は予測出来た筈です。問題は就任後。果たして一体どうなることやら…。 トランプ次期大統領がこだわっているのが、アメリカ国内だけの雇用対策。しかし共和党と上手く行っていないことが報道されるや否や、長期金利が低下してドル安方向へと動きました。

さて日にちが変わり東京時間です。18日の東京時間内においては、特にこれといった材料は見当たりません。しかしアメリカやイギリスの動きにはピリピリしているので、引き続き「我慢」を強いられることになるでしょう。兎に角今は何とか踏ん張るしかありません。

米雇用統計発表!

12月雇用統計が発表されました!非農業部門雇用者数変化は予想17.5万人に対して15.6万人と、予想を大きく下回る結果に…。でも失業率は予想通りの4.7%・平均時給が7年ぶりの高水準を記録する等、決して悪い米雇用統計だったという訳ではありません。

また連銀総裁達の積極的な利上げ姿勢もあり、ドル円は一時117円台につける場面もありました。ただフロリダ州で無差別の銃撃事件が発生し、116円台へ逆戻り。このまま上昇するかと思いきや、色々と難しいものです。

ちなみにダウ平均株価は、1万9,963.80$と2万$の壁はまだまだ先の話でしょうか?なんだかもどかしい思いをするのは、私だけではない筈。果たして来週にはどういう展開が待ち受けているのか、ある意味楽しみでもあるし怖さもありますね。

新年早々、ドル安円高。。

本日の日経平均株価は1万9,520.69円・-73.47円と下がり気味。午前中はそこまで大きく値が下がることはありませんでしたが、午後になると大きく下落。ということはドル円も午前はそこまで大きく動かず、午後になると値を下げたかと思いきや…逆の現象が起きました。


どういうことかというと、ドル円は朝方117.3円から116.6円まで値を下げてしまいました。一体何があったかというと、持ち高調整売り。お蔭で下げっぷりが加速して、円高ドル安となっちゃいました。


一応中国のサービス業PMIの結果は3ヶ月連続上昇と、そこそこの結果を弾き出しているのですが…。中々厳しい2017年の船出となりましたね。調整売りがどこまで続くかは分かりませんが、今はとにかく我慢の時かもしれません。

新年早々、ドル安円高に動いてますが、こちらトランプ氏も新年早々、大統領就任はまだにもかかわらず、早速出て来てしまいましたトランプリスク。アメリカの自動車大手フォードは、メキシコ新工場新設を断念。結果的には、トランプ次期大統領の“威圧”に屈した形となりました。


そして“威圧”は日本の自動車メーカーにも及びます。トヨタはメキシコに工場を新設することに対して、トランプ次期大統領は「あり得ない!!」と強く批判。お蔭で、トヨタだけでなく他の日本自動車メーカーの株価は下落。ドル円も一時期115.0円にまで落ち込んでしまいました。


しかしトランプ次期大統領の批判は、的外れも良い所。現にトヨタはアメリカで雇用を生み出しており、十分に貢献しています。就任前からこんな感じじゃ、就任後には一体どうなることやら…。